構造と寸法・指定金具材主棟降棟寄せ棟 隅棟部入母屋 隅棟部壁際部 印刷
1)金具と乾式メンド施工

1:両端部に金具をセットし基準糸を張り、通りを揃えてビスで固定する。
2:金具のビス打ち要領(本数と箇所)は(右図参照)
3:別紙に記載している施工基準寸法表のa寸法で墨付け後、墨に合わせて乾式メンドを瓦の形状に合わせて隙間なく貼り付ける。



2)L型材と芯材施工

1:乾式メンドの上にL型材を置き、乾式メンドの幅に沿って、L型材を通して瓦の桟山に1枚置きに下穴をあけてビスで固定する。
2:乾式メンドをL型材を包むようにL型材の背面に、粘着カバー紙を剥ぎながら貼る。
3:両端部の金具間に1.で張った基準糸を使い、一番高い所を施工基準寸法b寸法に合わせて、先に両端部の金具を固定し、その他の金具も 基準糸に合わせて固定。
4:芯材を受け金具に両側から(片側1本)対角にビスで固定する。(右図参照)



3)両側の側板材施工

側板を両側から上部の芯材に仮留めし、下部のL型材にも仮留めする。



4)専用瓦の施工

専用瓦をBOX側面に付いている突起状のラインガイドの上に置き、強く締めすぎないようにビスで固定する。